×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

▼姫路菓子博2008の歩き方 まずは駐車場を確保する!

日本最大のお菓子の祭典「姫路菓子博2008」も大詰め。あなたはまだ?じゃあ行っちゃいましょう。姫路菓子博へ。駐車場の確保から注目の見どころまで、姫路菓子博2008の歩き方を徹底的にガイドします。この姫路菓子博2008。正式な名前は「第25回全国菓子大博覧会・兵庫」といいます。全国菓子大博覧会は、1911年(明治44年)に東京で開催されて以来、1世紀もの歴史を重ねた祭典。伝統あるお菓子のイベントです。全国各地のお菓子を展示・販売するほか、菓子職人の技や菓子文化、お菓子を通じた食育など、日本のお菓子産業あげてのお祭ですね。もちろん、甘〜い試食もこれでもかいうぐらいありますから、お菓子好きにはたまらない博覧会です。

姫路菓子博2008の会期は、2008年4月18日(金)から5月11日(日)の24日間。開場時間は、9時30分から17時30分。2008年は姫路城が完成400年目。また、姫路城が世界文化遺産に登録されて15周年となる節目の年。さぁ、どんな平成のお菓子文化が姫路城に大集合しているのでしょうか。わくわくです。

さて、姫路菓子博2008には公共交通機関の利用をおすすめします。会期中は、姫路市内及び姫路市にアクセスする道路は大渋滞が予想されています。で、どうしてもクルマで行きたいあなた!いかに駐車場を確保するか。クルマで行かれる方は、なるべく朝早い時間に姫路市内に到着し、コインパーキングを確保しましょう。臨時駐車場もありますよ。入場券は、大人が2000円、65歳以上のシニア世代は、ちょっとお安く1600円。高校生が1400円で中学生チケットは800円。小学生以下は無料ですので、ゴールデンウィークを家族で楽しむのにはもってこいですね。

全国菓子博覧会にて大臣賞受賞!萩で取れた大きな夏みかんの中をくり貫いて、皮の中に特製のよ...

萩で取れた大きな夏みかんの中をくり貫いて、皮の中に特製のようかんを流し込んだ銘菓。昭和52年の全国菓子博覧会に於いて、大臣賞受賞(通商産業大臣賞、労働大臣賞)受賞。
適当な大きさに切って、お茶菓子としてお使いいただける他お子様のおやつなどにも最適です。

全国菓子博覧会受賞スイーツ一覧

▼姫路菓子博2008の歩き方 夢のお菓子ランドでキャラクターと遊ぶ!

姫路菓子博開場メインゲートから伸びるストリートが「お菓子街道」。このお菓子街道に沿って様々なパビリオンが並んでいます。まずは、「兵庫のお菓子館」。地元兵庫県は、開国と同時に洋菓子が伝えられた神戸を筆頭に、日本でも有数の洋菓子の本場。一方、中華街として発展した神戸・南京町では、中華菓子の文化も花開きました。そうした、兵庫県のお菓子の歴史や文化に触れながら試食もできちゃいます。

次の会場は、「夢のお菓子ランド」。大手菓子メーカーの夢のようなブースが楽しみですね。グリコは、「ポッキー」がテーマ。グリコの人気商品がもらえるゲームに挑戦しましょう。次に、スナック菓子で「カルビー農場」を展開するのがカルビー。じゃがいもキャラクターとのじゃんけんに勝てばお菓子をゲット。その次は不二家ですね。おなじみのペコちゃん人形がお迎えしてくれるブースです。土日祝日には、動くペコちゃんも登場です。さて次のブルボンは「笑顔」がテーマ。お菓子を手に取るときの笑顔、ほおばるときの笑顔…そんなお菓子の魔法にフォーカスしています。

明治製菓は、「食の安全」や「食育」について、カルビーおじさんが教えてくれますね。森永製菓は「キョロちゃん」できまり。お菓子をを詰めて持ち帰ることができるパッケージング体験にGO!山崎製パンは「食文化」と「食育」。ロッテは、北京オリンピックで世界にチャレンジする日本選手団への応援ブースを展開します。この「夢のお菓子ランド」の次が姫路城下の街並み。兵庫県内のお菓子の老舗が軒を連ねます。

▼姫路菓子博2008の歩き方 お菓子の姫路城と世界三大美女スイーツにはまる!

どんどんいきましょう。城下町を抜けると「野点庭園」で一服してみてはいかがでしょう。抹茶と和菓子を味わう野点。いいですね。次の全国工芸菓子館では文字通り、和洋の工芸菓子が楽しめます。こちらでは、姫路菓子博の目玉となる注目の工芸菓子を展示。「これってホントにお菓子でできているの?」そんな声が聞こえてくるのが帆船「日本丸」。次に、チョコレートでできた直径3メートルの地球儀。これもすごい。そして、高さ1.7メートルもの精密な姫路城のジオラマ。これには度肝を抜かれちゃいます。

また、伝統ある「京菓子」の真骨頂もぜひともご覧ください。お次は、前評判もたいへん高い「夢のスイーツカフェ」。有名パティシエがつくる自慢の菓子博オリジナルスイーツをゲットしましょう。世界三大美女をイメージしたスイーツが目玉です。クレオパトラ、楊貴妃、小野小町。はてさてどんなスイーツがでてくることやら…。行くしかないっしょ。

次の「日本縦断!お菓子めぐり館」には、全国の有名なお菓子が大集合。北は北海道、南は沖縄から、ほっぺが落ちちゃいそうですね。はい。「お菓子の工場」では、では、お菓子の原材料や製造工程。人気パティシエによる「お菓子の学校」も見逃さないでくださいね。最後は「ふれあいステージ」。コンサートや日本各地の郷土芸能などのイベントを楽しみましょう。姫路菓子博2008は、1日では回りきれないみどころがいっぱい。1日では食べきれないお菓子がいっぱい。さぁ、家族みんなで姫路菓子博2008に行っちゃいましょう。
姫路菓子博2008臨時駐車場徹底ガイド

【第25回全国菓子博覧会(姫路)栄誉賞受賞】イタリアシチリア島産オーガニックレモンの果汁が...
【第25回全国菓子博覧会(姫路)栄誉賞受賞】イタリアシチリア島産オーガニックレモンの果汁がたっぷり!!ビタミンCたっぷり!シチリアリモーネ5個。イタリアシチリア島産のオーガニックレモンの果汁がたっぷり使用したレモンケーキ!愛らしい姿にさわやかな香りとツンとしたレモンの酸味が小粋なスィーツです。

Copyright © 2008 姫路菓子博2008の歩き方 駐車場の確保から注目の見どころまで 家族で行くスイーツな旅